読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の沙汰は嘘だらけ

今の自分をメモすることに加え、当時の自分を思い出したい。そんな場所。

ただいま

少し長い旅路だった。

 

現実という名の世界で、

人生という名の道を歩いてきた。

 

隣に居たソレは、確かに存在していて

でも幼い頃に見た理想とは程遠くて

その行く末を本当は容易に予想できていたくせに、まるで未知の旅路のように彷徨い続けて1年半。あるいは、もっと長かったのかもしれない。

 

永遠を誓ったはずの旅は、ある日突然終わりを告げた。月並みな表現しか出来ないが、本当に突然終わりを告げたのだ。

 

そして俺は戻る。

 

理想の声。

理想の顔。

理想の体。

 

全てが揃った自分の世界に。

好きな時に声を聞いて、好きなだけ眺めることが出来て、決して自分を傷付けることもない。

嗚呼、なんて素晴らしきかな。

 

また今日も、夕暮れと共に現実を放棄し

自らの殻に戻るのだ。

 

ただいま!