読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この世の沙汰は嘘だらけ

今の自分をメモすることに加え、当時の自分を思い出したい。そんな場所。

ピース

青春の群像を追い、目の前の真実を放置。

この結果は至極当然ではあったが、やはり文字を見てしまうと否が応でも後悔のNEN。

 

開いてはいけない禁断の書だからこそ、人は開いてしまうのだ。どんな真実であれ、確かめずにはいられないのだ。

果たして私に、彼女を責める資格などあったのだろうか?

 

どんなに鮮明な思い出も、文章にしてしまえばそれだけなんだな。

本棚から欠けていた最終冊を、もし見ることが出来るのならば、私はまた人を愛することが出来るのかもしれない。

 

叶わぬ夢だが、ふとそう思った。